ハチ駆除で巣ごと全滅計画|室外と室内を両対策で完全防備

男の人

刺されると危険

3人の作業員

5月から夏に向けて注意が必要です。

日本では、約130種類のムカデが確認されています。特に有名なのが、トビズムカデやアオズムカデで、トビズムカデは体長が、10センチから15センチにもなると言われています。ムカデは体型が細長く沢山の脚が生え、頭部には毒を持った巨大な顎を備えています。毒はヒスタミンやポリペプチドを含んでおり、咬まれると蜂に刺されたような激痛を伴うのでとても危険です。痛みや腫れなどが主な症状で、命に関わる危険性はあまりないようですが、きちんと病院で治療することが望ましいようです。ムカデは夜行性で、昼間は倒木や石、落ち葉の下などのに潜んでいます。特に5月から夏頃にかけて活動が活発になるので、これからムカデ駆除を考える方も多いはずです。

ムカデ駆除の方法について。

夜行性のムカデは夜、人が寝ている時に活発に動き出すので、寝ている間に刺されるといったケースも多いようです。ムカデが怖くて夜、安心して眠ることが出来ないとムカデ駆除お困りの方も多いのではないでしょうか。ムカデ駆除で最も有効な対策は、まず建物に侵入させないことです。ムカデはできるだけ、建物の外で駆除します。あらかじめ、薬剤を建物の周囲に帯状に散布し、建物内にムカデが侵入することを予防します。薬剤を散布するだけで、ムカデ駆除に大変効果があります。それでも、建物内にムカデが侵入した場合は、スプレーの殺虫剤や、冷却タイプの駆除スプレーなどで駆除することが有効です。それでも、駆除が難しい場合はムカデ駆除の業者に依頼することも1つの方法です。