ハチ駆除で巣ごと全滅計画|室外と室内を両対策で完全防備

男の人

他人事ではない

アパート

イタチの生体を調べました

イタチ属の哺乳類で、日本では5種類のイタチが確認されていますが、住宅街に巣を作る可能性があるものは「二ホンイタチ」と「チョウセンイタチ」のようです。二ホンイタチは近年、生息地域を山間部へと縮小してきており人間やチョウセンイタチに追いやられ国連自然保護連合によりレッドリストの軽度懸念を受けています。その為、狩猟鳥獣の指定を受けており個人で駆除や捕獲する時は都道府県へ問い合わせてからにしてください。西日本の住宅地に巣を作るのはチョウセンイタチが多いようです。どちらのイタチもオスのほうが大きく、メスは小さな体をしています。体の半分とも言える大きなしっぽが特徴です。繁殖期は春で、夜行性と思われがちですが昼夜関係なく活動しているようです。

駆除にかかる費用を調べました

住宅に棲みついてしまったら、騒音(特に夜間)や悪臭があります。しかし二ホンイタチはレッドリストの指定を受けており、駆除を試みるときはプロに任せるべきでしょう。駆除費用は各社により差がありますが、再発防止対策含め概ね20000円〜と言うところが多いようです。しかし、巣の場所や駆除頭数や住宅被害の有無などで費用は変わってくるので、まずは相談してください。費用の安さだけで、駆除会社を決めずいろいろなサービスにも注目してください。一定期間の保証や相談は無料、事前調査費用無料など、それぞれにサービスも充実しています。住宅被害(悪臭やシ壁のシミ等)に対してのリフォームも取り扱っているところがあり、あなたのニーズに合わせた選択ができます。